まずは応援クリック頂けるとうれPです(・∀・)
購入検討編

好機をつかめ

YOLO!ひーやんです。

今週は週4でテレワークなのですが、先週末に自宅に届いたゲーミングチェアを長女の勉強机にドッキングさせたおかげで、腰痛グッバイの快適生活(*^ー゚)bを送る事ができました。

ゲーミングチェア
ゲーミングチェア
created by Rinker
GTRACING
¥18,800
(2020/07/05 06:34:37時点 Amazon調べ-詳細)

また、将来の次女部屋を定借契約のホームジムとして利用しているので、zoom打ち合わせが早く終わった10分~30分の隙間時間などに集中してセットをこなす事で運動不足を解消するルーティーンを構築する事に成功しました。

ホームジム
ホームジム

こうなってくると、往復通勤3時間から開放され快適生活がおくれるテレワーク勤務は、未来永劫続いてほしいとさえ思うようになってきましたが、テレワーク部屋である長女部屋と、ホームジム部屋である次女部屋からは、いつか出ていかなければなりません(;´Д`)

今思えば、自分専用の部屋と書斎兼テレワーク部屋は欲しかったところですが、最悪、納戸を書斎兼テレワーク部屋に改造し、次女を女性ビルダーに目覚めさせれば良いかなと楽観的に考えていますw

さて、本題。3棟目土地から新築体験記の続編です。

3棟目の条件に合致した建築リスクの低い土地を見つけたのですが、残念ながら、アパート建築不可物件でした。

ネバーギブアップの精神をモットーとする粘着質のワタクシひーやん。アパート建築不可という成約を突破できないかを模索する事にしました。

アパート建築可?建築不可?

今回、ポータルサイトで見つけた物件ですが、一般媒介の物件のようで、複数の業者が広告を出していました。

試しに、広告を出している全ての業者に資料請求をしたところ、とある業者から送られてきた販売資料(マイソク)を見て、おや?と首をかしげました。

なんと、「アパート建築不可」という制約が書かれていないのです。

さっそく、こちらの資料を送ってきた仲介業者に電話をかけてみました。

ひーやん

資料送付、ありがとうございました。こちらの物件、アパート建築用地として検討したいのですが・・・

仲介業者

えー、、、まぁ、問題ないと思いますが、売主さんは、できれば戸建て用地として販売したいと希望されてるんですよ

ひーやん

売主さんは個人の方ですか?

仲介業者

いえ、業者となります

ひーやん

あれ?ハウスメーカーか何かの建築条件付きの土地なんですか?

仲介業者

こちらの土地は個人で売りに出されているところを、業者が買い取り、再販しているんですよね。ただ、その業者が買い取る際に、「いま流行りのシェアハウスやアパートとかは建てないようにしてほしい」と言われるようでして・・・

ひーやん

なるほどー。。。では、今の売主である業者さんいうより、元売主の個人の方の要望なんですね?

仲介業者

そういう事です。所有権は今の売主にうつっているので、アパート建築用地として販売しても、何ら問題はないはずなんですけどね・・・

ひーやん

試しに、売主の業者に「アパート建築用地として買付を入れたい方がいる」と聞いてもらっても良いですか?

仲介業者

何度か問い合わせをした事があるのですが、その時はNGでした。ただ、戸建て用地としての反響は少ないですし、そろそろ折れる頃合いかもしれません。聞いてみますので、少々お待ちください

重要事項説明書への一筆

翌日、売主へアパート建築用地としての販売可否を確認してもらった仲介業者より連絡がありました。

仲介業者

売主の業者に確認したところ、やはり法的にはアパート建築用地として販売しても良い物件のようです。
ただ、担当からは、戸建て用地として販売した物件である旨を、一筆、重要事項説明書に入れさせてもらえれば、販売可能かもしれない、という事でした

ひーやん

なるほど。戸建て用地として売ったつもりだったのに、買主が勝手にアパートを建てた、というようにしたいという事ですね。それでは、その条件をのめば、買付を入れる事ができるという事ですか?

仲介業者

融資がつく見込みがたっていないと、買付は受け付けないとのことでした

ひーやん

うーん。。。まぁ、そりゃそうですよね。。。

物件の全貌

今回の物件は、以下のような買取再販物件である事がわかりました。

買取再販物件

奇妙なのは、律儀に売主の業者が「戸建て用地として販売してほしい」という元売主の意向を聞いている点となりますが、どういう理由があるにしろ、今の私にとっては好都合です。

良い土地は融資開拓を行っている期間中に売れてしまいますが、今回の土地は、再販業者が戸建て用地として販売している限りは、そうそう売れない価格帯です。

そのため、融資開拓後に売れ残っており、そのまま購入できる可能性もあるのです。

土地から新築企画のあて物件は、作るだけでも大変ですので、そのまま購入でき可能性があると思うと、俄然やる気もでてきました!!

足立区の物件をあて物件、かつ、本命物件として融資開拓、スタートです!!
ヽ(•̀ω•́ )ゝ

ブログランキングのポイント数がブログを書くモチベーションとなっています!!応援クリックよろしくお願いします★
こちらの記事もおすすめ!