まずは応援クリック頂けるとうれPです(・∀・)
土地から新築

隣地問題は面倒だ・・・

YOLO!ひーやんです。

建築中の3棟目土地から新築企画アパートですが、2021年1月に無事、竣工引き渡しとなりそうです。

過去2棟の経験もあり、今回は非常に順調に進みました。

ただ一つ、隣地問題を除いては・・・(-_-;)

地盤改良工事中の初クレーム

はじめて隣地住民からクレームがあった事を聞いたのは、地盤改良工事期間中。地盤改良業者と電話で以下のやりとりがありました。

地盤改良業者

ひーやんさん。警察に通報されました。

ひーやん

いやいや、、、何があったんですか?

地盤改良業者

何やら隣地住民の方から「工事許可をとっていない業者が工事車両を道路に無断駐車をして、いきなり工事を始めた」と警察の方に通報が入ったようです。

もちろん、許可はとって進めていますし、その旨を警察の方にも伝えたので、特段、問題はなかったのですが・・・

ひーやん

何なんですかね?その通報。嫌がらせですかね・・・

地盤改良業者

警察の方に聞いたのですが、ちょっと面倒な方みたいでして・・・

ひーやんさんのアパート建築地の近くに保育園ありますよね?

あの保育園、昨年建ったらしいのですが、今回通報された方がかなりの頻度で建築中に建築業者に対して、警察に通報を入れてきたらしいのです。警察側も通報されたら現場に向かうしかないようで、困っている感じでした。

地盤改良の方は数日で終わるので問題ないですが、この後の工事で手をとられるかもしれません。

ひーやん

(クレーマーか・・・)ありがとうございます。工務店の方にも情報連携しておきますね。

建築工事中のクレームラッシュ

クレーマーの件はアルドルビー(工務店)に伝えて、近隣住民の挨拶まわりも広めにしっかりとした上で、工事を進めていく事にしました。

最初は特段問題なく工事が進んでいたのですが、基礎工事が終わり建方が始まった位から、現場監督に隣地住民が連日のようにクレームを入れてくるようになってきたとアルドルビーの営業課長の坂上さんから電話がありました。

営業課長
坂上さん

連日のように現場監督に話しかけてきて、工事中断も起きてしまっているようです。

ひーやん

マジっすか。。。話しかけられた、という事はクレームを入れてきた住民の方が誰なのかは判明したのですか?

営業課長
坂上さん

はい。お隣の●●ハイツのオーナーの方で、●●ハイツにご家族と一緒に住まれているようです。

ひーやん

お隣さんですか。。。それは厄介ですね。何を言ってきてるんですか?

営業課長
坂上さん

「建物の色は何だ?暗めの色なら雰囲気が暗くなるので明るい色にしてくれ」だったり、「エアコンの室外機を●●ハイツの方に向けて設置するな」だったり「確認申請は通っているのか?」「建築許可はとっているのか?」など、細々とした質問攻めをされているようです。

ひーやん

うわぁ・・・どうしましょうか?私の方で直接会って話したりした方が良いですかね?

営業課長
坂上さん

いえいえ!それは大丈夫です。現場監督には私の連絡先を●●ハイツのオーナーの方に伝えてもらったので、今後は私の方で対処します。

ひーやん

了解です。私が出向いたが良さそうであれば、その旨を伝えてください。

上棟時のクレーマーとの近接

アルドルビーの営業課長の坂上さんが隣地クレーマー対応を引き受ける事で現場の工事は順調に進み、上棟打ち合わせの日を迎えました。

3棟目アパートの外観
3棟目アパート外観
3棟目アパートの内階段
木造内階段

内装の認識合わせ後に、アパートの外に出てダストボックスの設置場所等の外構の詳細を詰めていると、道路の向かい側から視線を感じます。

隣地クレーマー

おぉ。。。目が合った。近づいてきた。。。

●●

あのぉ・・・・

とっさにアルドルビーの営業課長、坂上さんが一歩前に出ます。

営業課長
坂上さん

お世話になっておりますー!!

そのまま坂上さんが話しかけてきた方と一緒に、少しづつ上棟打ち合わせのメンバから距離を離していきます。

外構詳細を現場監督と認識合わせをした後も、坂上さんはずっと話をしていて、最初の一歩から30分後位にようやく戻ってきました。

ひーやん

・・・あの方ですか?

営業課長
坂上さん

あの方です・・・

ひーやん

なんと?

営業課長
坂上さん

アパートの消防設備について色々聞かれました。建築確認とっているので問題ない旨を伝えたのですが、信じられないから、今度、検査済証をもってこいと言われてしまいました。

オーナー様の個人情報が入っているので無理だと伝えましたが、個人情報部分は黒塗りにすれば良いじゃないかと・・・

ひーやん

ガッデム。。。どこまで付き合います?

営業課長
坂上さん

無理なものは無理と伝えていきますが、事を荒げても良くないので、対応できるものは対応していきます。

ひーやん

わかりました。お手数かけますが、よろしくお願いします。

営業課長
坂上さん

はい!お任せください!!

追加コスト発生

上棟打ち合わせが終わって一ヶ月程度経った後、坂上さんから電話がありました。

営業課長
坂上さん

あの方、やばいです!!もう私も限界に近いです!!

ひーやん

どど、どうしました!?

営業課長
坂上さん

検査済証等、承認をもらって建築している証拠資料一式をもって●●ハイツのオーナー宅にお話に伺ったのですが・・・

隣地クレーマー

あのアパートさ。防火設備が不十分じゃない?

営業課長
坂上さん

いえいえ。ちゃんと●●ハイツの開口部側にも防火シャッターつけていますよ。

隣地クレーマー

シャッターなんてさ、普通開けっ放しじゃない。そちらの建物で火事が起きた時に●●ハイツ側にも火が移ると困るんだよ。窓は防火窓にしてるの?

営業課長
坂上さん

いえ。シャッターをつければ有効な防火設備と認められるので、窓は防火窓でなく普通の窓です。

現にこの通り、確認済証も頂いた上で工事を進めているわけですし。

隣地クレーマー

いや、納得いかないね。普段開けっ放しの手動のシャッターなんて意味ないもん。私の方で区役所や消防署に話してくるから。

営業課長
坂上さん

そうですか・・・

隣地クレーマー

でさ?あのアパートさ。防火設備が不十分じゃない?

営業課長
坂上さん

いや?だからですね・・・

営業課長
坂上さん

という同じ問答が、2時間位続いてですね・・・

ひーやん

・・・何なんでしょうね?

営業課長
坂上さん

問答の3周目あたりで「何かおかしいな?」と思ってたら、●●ハイツのオーナーさんの胸ポケットにICレコーダーが入ってて、会話を録音されていたようです。多分、私の忍耐が切れて「確かにそうかもしれませんね」と同意したり、怒って大きな声出してたりした時に、それを証拠に何かされようとしてたんじゃないかなと。

なにそれーーー

営業課長
坂上さん

ICレコーダーに気づいてからは魂胆がわかったので、私も機械のように延々と同じトーンで同じ回答をし続けました。すると、逆に相手さんがイライラしてきて、何とか帰してくれました。

ひーやん

ご、ご苦労かけました・・・

営業課長
坂上さん

とはいえ、ひーやんさん。あのままだと収まらないかなと。このままだと消防だったり区役所にかけこんで騒ぎたてそうな感じです。

費用かかってしまいますが、●●ハイツ側の開口部の窓を防火窓に変える代わりに、これ以上、首を突っ込まないでほしいよう交渉したいのですが、ご了承いただけますか?

ひーやん

今後の付き合いもありますし、それで収まるなら。。。

とはいえ値段次第です。防火窓に変えるのに、いくら位かかります?

営業課長
坂上さん

15万円位かかりますが、いかがでしょうか?

ひーやん

まぁ、、、許容範囲、、、ですね。わかりました。それでは、●●ハイツのオーナーさんのご対応、引き続きよろしくお願いします。

隣地問題のリスクと対策

今回のような建築中の隣地問題ですが、周りの新築投資家の方も含めて、高い確率で起きています。土地から新築企画特有のリスクですね。

リスクを減らす対策としては、入念な近隣への挨拶、建築計画の事前説明等があるとは思いますが、今回は地盤改良工事の際につかんだクレーマーの影をアルドルビーには伝えており、前述の対策はしてもらっていたのですが、ハードクレーマーの前には、ほとんど効果がなかったように思えます。

3棟目APは通常の工期よりも1~2ヶ月余裕をもって組んでいたので、予定通りに竣工を迎える事ができそうですが、クレーム対応により工期が遅れたり、追加コストが発生したり等のリスクはどうしてもあるので、ありきたりではありますが、余裕をもった建築計画とする事が重要かな、と感じました。( ̄3 ̄)=3

ブログランキングのポイント数がブログを書くモチベーションとなっています!!応援クリックよろしくお願いします★
こちらの記事もおすすめ!